地中熱住宅で冷暖房費節約|株式会社ダイワテック

地中熱住宅

地中熱住宅

地中熱とは?大気熱とは?

今、注視される再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは、太陽光・太陽熱・風力・水力・地熱・バイオマス・大気熱など、再生が可能な『自然の恵み』から得られるエネルギーです。

石油や石炭などの化石燃料が資源量に限りがあるのに対して、主に太陽が照りつづける限り枯渇の心配がなく、CO2の排出量も少ないため、人にも地球にも優しいエネルギーとして注目されています。

地中熱とは?

地中熱とは、地下(約50~100m)の比較的浅い地盤中に存在し、温度が5℃~15℃程度の低温の熱エネルギーです。

地中熱は、大気の温度に対して冬は暖かく、夏も外気温より低い熱源を利用することで年間を通して高効率な運転が可能となり、空気熱源ヒートポンプ(エアコン)が利用できない寒冷地でも実用的な暖房ができます。

地中熱利用システムの長所
日本中どこでも、いつでも利用できます。
節電、省エネとCO2 排出量抑制ができます。
通常のエアコン(空気熱源ヒートポンプ)が利用できない外気温 -15℃以下の環境でも利用できます。
地中熱交換器は密閉式なので,環境汚染の心配がありません。
冷暖房に熱を屋外に放出しないため、ヒートアイランド現象の緩和に寄与します。

地中熱源ヒートポンプの特徴

地中熱源ヒートポンプの特徴

外気よりも高温な地中から熱を取り出し、より効率的な暖房ができます。

大気熱とは?

空気には、太陽から届いた熱がたまっています。どんなに寒い日でも雨の日でも、空気にはいつも熱が存在しており、この「空気の熱」を利用します。

一般に普及しているエアコンは、空気を熱源としたヒートポンプです。夏の冷房では、家の中の熱を奪い取り、外の空気に逃がし、逆に冬の暖房では、外の空気から熱を奪い取り、家の中に放出します。

地中熱源ヒートポンプの特徴

地中熱源ヒートポンプの特徴

外気温に応じて、多くのエネルギーが必要となります。

当社にてシステムを展示しています。どうぞお気軽にご覧ください。

お電話でのお問い合わせ

0266-22-5231

  • 地中熱を体感できるショールーム営業中です!
  • 地中熱と大気熱を有効活用した暖房費節約エコ住宅のご案内
  • 地中熱で床暖房
  • 地中熱で融雪・凍結防止
  • 太陽光発電+地中熱エネルギーの自由設計住宅!利便性に優れた分譲地
  • ゼロ磁場・分杭峠のおいしい水のご紹介
  • 地中熱・地下水熱エネルギーを利用したエコ栽培のご案内
  • 温水熱を利用した冷暖房、給湯。ご提案
  • スピード施工でローコスト!ダイワのコンポルームのご紹介
  • 松本山雅オフィシャルスポンサー
このページの先頭へ