地中熱住宅で冷暖房費節約|株式会社ダイワテック

事業内容

事業内容

家づくりは夢づくり。想いをカタチにする力

ダイワテックは企画・提案・デザイン力を得意とする家造りチームです。そして「本当に家をつくりたい人」のための会社です。

今、世の中に家に携わる会社は沢山あり、そんな数ある会社の中から どんな会社を選んだらいいか迷ってしまう方も多いはず。

ダイワテックは、そんな中で他にはない、ダイワテックだけの特長があると胸を張っていうことができます。今までお客様のどんなご要望をも カタチにしてきたからこそ、自信をもって施主様の夢をつくることができるという確信があるからです。

あなたの夢づくりを担う、ダイワテック独自の特長をご紹介いたします。

4つの特長

特長1

人を見抜く力

ダイワテックの建築士たちは、あたかも施主様を以前から知っているかのように、施主様の趣味・嗜好を見抜く力を備えています。人を見抜く力は、良い家づくりの基本である、というのがダイワテックの考えです。

施主様がどんなものを好んでいるのか、どのような生活スタイルを送っているのか、ということを見抜けてこそ、施主様の理想とわずかなずれもない、抜群にフィットする家づくりができるのです。

特長2

二人三脚

ダイワテックは「家造りチーム」であって、ハウスメーカー(住宅販売会社)ではありません。あらかじめ出来上がっている家から選ぶのではなく、一からつくることが私たちの仕事です。

ハウスメーカーの場合、施主様は“選ぶ”ことになりますが、ダイワテックでは、私たちと共に“造る”のです。あなたとの二人三脚で、企画からご提案、デザインまでをも一貫して行います。だからこそあなたの夢を、希望を、カタチにすることができるのです。

特長3

建築魂

ダイワテックはあくまでも「建築」にこだわるからこそ、できることがあります。そして今まで手がけてきた家は、ダイワテックでしかつくることができなかったと考えています。

大切なものをつくるときには「その分野に特化し、熱い魂をもつ者に頼みたい」誰もがそう思うはず。家を建てるということは人生の一大事です。一生に一度の大切な瞬間だからこそ、私たち建築の専門家が立会い、最高の財産づくりのお手伝いをするということが私たちの使命です。施主様のこだわりは私たちのこだわり。頼れる家づくりのプロとして、あなたの理想を徹底的に追求していきます。

特長4

ミックスデザイン

ダイワテックはお客様には様々なご要望があると考えます。例えば、趣味へのこだわり、好きな外国の街への憧れ、家族への、あるいはペットへの愛情。イメージも、和風もいいけど洋風も、アジアンテイストも取り入れてみたい、と当然様々な願望があるはずです。あなたに“諦める”ということをしてほしくはありません。だからこそ、あらゆる工夫を凝らし、多くのご要望を盛り込んだデザインのご提案をいたします。これは、一からつくりあげるダイワテックだからこそ成せる技です。皆さんの心の中にある想いをカタチにするために、オリジナルのデザインを実現いたします。

事業領域

すべては、建築への熱き想いから。ダイワテックを支える広域建築フィールド

ダイワテックが手掛けているのは「住宅」だけではありません。
デザイン性の高い家づくりの企画・提案という住宅建築の強みを活かし、さらに多くのお客様のニーズに応え、「工場・生産施設」「商業施設」など幅広く“建物づくり”を手掛けています。

お客様のことを常に考え、環境や使用目的に最も適した“本当に使える施設”をご提案いたします。今までの建築経験で培ってきた技術と、建築にかける熱き想いで、お客様のどんなご要望にもお応えいたします。

工場・生産施設

お客様が「どのような目的で使用し、何を必要としているか」を一番に考え、使用目的に合った最適な施設空間をご提供します。
ダイワテックの提案力を活かし、お客様のあらゆるニーズに対応いたします。

商業施設

オーナー様やテナント様はもちろん、その先のお客様のことまでを熟考したご提案をいたします。全体のイメージのことも考え、周囲に合わせ、それでいて個性的で親しみやすいデザインを心がけています。

クリーンルーム

クリーンルームの詳細

  • 地中熱を体感できるショールーム営業中です!
  • 地中熱と大気熱を有効活用した暖房費節約エコ住宅のご案内
  • 地中熱で床暖房
  • 地中熱で融雪・凍結防止
  • 太陽光発電+地中熱エネルギーの自由設計住宅!利便性に優れた分譲地
  • ゼロ磁場・分杭峠のおいしい水のご紹介
  • 地中熱・地下水熱エネルギーを利用したエコ栽培のご案内
  • 温水熱を利用した冷暖房、給湯。ご提案
  • スピード施工でローコスト!ダイワのコンポルームのご紹介
  • 松本山雅オフィシャルスポンサー
このページの先頭へ